UDiデザインワークショップ 開催報告

7/8 UDiデザインワークショップ 開催のご報告
第1回 まち歩きからUDを感じ、考え、発想する 「武蔵を共に楽しむ」

「UDiデザインワークショップ」では、視覚や聴覚に障がいのある方や車椅子ユーザーと共にフィールド調査を行い、様々な気づきをマッピングし、誰でも利用しやすく暮らしをより豊かにするデザイン企画をまとめ上げます。

日 時: 2017年7月8日(土) 10:00~19:00
場 所: ITビジネスプラザ武蔵 4F サロンスペース
参加者: 41名 ※講師・運営スタッフ含む
主 催: 一般社団法人ユニバーサルデザインいしかわ

■講師プロフィール:荒井利春
(一社)ユニバーサルデザインいしかわ 理事長 / Arai UD Workshop 荒井利春実験工房 主宰 / 金沢美術工芸大学 名誉教授 / プロダクトデザイナー

1980年代より、体の機能に障がいのあるセンシティブなユーザーと日用品や家具、住宅設備などのデザインプロジェクトを持続。グッドデザイン賞など多数受賞。また、医師や看護師、患者が参加する病院のデザインコーディネーションや公共建築のユーザー参加型デザインを進める。2004年から、国際ユニヴァーサルデザイン協議会のユーザー参加型デザインワークショップの監修を続ける。


プログラム:
●はじめに 理事長より挨拶はじめに(主催者挨拶)
●オリエンテーション
 チームミーティング
 フィールド調査
 気づきのマッピング・デザイン企画
 発表会
・ Aチーム 【みんなで楽しめる、むさしクロスピア】
・ Bチーム 【寄り合いのムサシをデザインする】
・ Cチーム 【目的地としても機能する、武蔵地下情報発信基地】
・ Dチーム 【多様な人々が集う、憩いの場をデザインする】
●おわりに 理事長より講評おわりに
当日は、各チームにはセンシティブなユーザーを交え、武蔵のまちをフィールドに「共に考え発想する」ことを体験しました。企業勤めの方や県外参加者、大学生など多様な人々が集い、ワークショップを開催しました。


  • 100040_06.jpg
  • 100040_07.jpg
  • 100040_08.jpg
  • 100040_09.jpg
  • 100040_10.jpg
  • 100040_11.jpg
  • 100040_12.jpg
  • 100040_13.jpg
  • 100040_14.jpg

イベントちらし並びに参加者募集ページはこちらから
http://ud-ishikawa.com/?tid=100038


■北國新聞 2017年7月9日(土) 32面 ※クリックすると拡大表示されます

北國新聞

■北陸中日新聞 2017年7月10日(土) 14面

北陸中日新聞

■建設工業新聞 2017年7月26日(水)

北陸工業新聞