ダイアログ・イン・ザ・ダーク ショーケース@金沢21世紀美術館

10/18~28 暗闇のソーシャルエンターテイメント
「ダイアログ・イン
ダーク」を北陸初開催!

東アジア文化都市2018金沢 市民連携特別事業

ダイアログ・インダーク  ショーケース@金沢21世紀美術館

期間:2018年10月18日(木)~28日(日) 22日を除く10日間
会場:金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA
料金:3,500円

主催:一般社団法人ユニバーサルデザインいしかわ
   一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ
   東アジア文化都市2018金沢実行委員会、金沢市
後援:石川県、北國新聞社、エフエム石川、認定NPO法人趣都金澤
監修:DIALOGUE SOCIAL ENTERPRISE GmbH / Dr.Andreas Heinecke


ダイアログ・イン・ザ・ダーク

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、
暗闇のソーシャル・エンターテイメントです。

参加者は完全に光を遮断した空間の中へグループを組んで入り、暗闇のエキスパートである視覚障害者のアテンドにより、中を探索し、様々なシーンを体験します。その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、コミュニケーションの大切さ、人のあたたかさなどを思い出します。

1988年、ドイツの哲学博士アンドレアス・ハイネッケの発案によって生まれたダイアログ・イン・ザ・ダークは、これまで世界41カ国以上で開催され、800万人を超える人々が体験。何千人もの視覚障害者のアテンド、ファシリテーターを雇用してきました。日本では、1999年の初開催以降、東京と大阪「対話のある家」を中心に開催、これまで21万人以上が体験しています。また、2010年からは、チームビルディング、コミュニケーション促進などの企業研修(ビジネスワークショップ)としても利用され500社以上が導入。日本唯一の暗闇研修としても注目されています。

北陸初開催となる本展覧会では、「工芸」をテーマにしたオリジナルプログラム「暗闇で感じる工芸」を開催します。


申込はこちらから!

専用WEBサイトからお申し込みください。
★ご予約の重複を避けるためお電話でのお申し込みは承っておりません。ご了承ください。

www.didkanazawa.com




開催概要

10/18(木)~28(日) ※22日を除く10日間
事前申込制、所用時間90分、各回15分前に集合をお願いします

① 10:00~11:30  定員10名
② 10:45~12:15  定員10名
③ 11:30~13:00  定員10名
④ 12:15~13:45  定員10名
⑤ 14:00~15:30  定員10名
⑥ 14:45~16:15  定員10名
⑦ 15:30~17:00  定員10名
⑧ 16:15~17:45  定員10名
⑨ 17:00~18:30  定員10名 (金土のみ)
⑩ 17:45~19:15  定員10名 (金土のみ)

■東アジア文化都市とは
日本・中国・韓国の3カ国において、文化芸術による発展を目指す都市を選定し、現代の芸術文化や伝統文化、芸術イベント等を実施するもので、2018年は金沢市・ハルビン市・釜山広域市が選定されています。本企画は本事業の市民連携特別事業として開催いたします。

■関連トークイベント開催!
2018.10.23(火)金沢21世紀美術館シアター21

The concept of “Dialogue in the Dark” and its related trademarks are the intellectual property of Dialogue Social Enterprise GmbH.


お問い合わせ先

(一社) ユニバーサルデザインいしかわ事務局
担当:万波 080-3317-5938