UD塾 #2レポート「スポーツ×ユニバーサルデザインの可能性」(柏野真吾さん)

9/27 UD塾#2

「スポーツ×ユニバーサルデザインの可能性

UD塾は、過去2年間の活動で関わりができた多様なユーザーや、企業会員、事業主体、様々なプレイヤーが相互連携できる活動母体として、情報交換や交流を行いユニバーサルデザインプロジェクトの創出を目指す学びの場である。

2019年9月27日、第2回は「スポーツ×ユニバーサルデザインの可能性」

NPO法人STAND代表理事で、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問を務める伊藤数子さん、公益社団法人金沢青年会議所2019年度副理事長を務める柏野真吾さんのお2人をゲストに迎えた。

100055_01.jpg

柏野真吾さんがインクルーシブ社会、共生社会、障がい者と自分との関わりについて考え始めたのは、所属する公益社団法人金沢青年会議所(以下、金沢JC)2019年度副理事長という役職を担うことが決定してからであった。

本業は経営コンサルタントであり、スポーツ関連事業も手掛けていたため障がい者と関わる機会は少しあったが、まだまだ知識や経験が追いついてなかったと柏野さんは話した。


社会にある偏見

障がいは人にあるのではなく、障がいがあるということで区別をしてしまう社会にあるのではないか。
私たちや社会にある偏見が障がいを生み出しているのではないか。
金沢JCとして、インクルーシブ社会創造を目指したパラスポーツの取り組みを行っていくにあたり「障がいがあるとか、ないとか、性差や人種、年齢関係なくそれぞれが持っている個性を尊重し合いながら、個性を発揮し活躍することができる社会」そんな社会を金沢で実現したいと考えた。
そこから続々とプロジェクトを行っていった。
スポーツ庁長官である鈴木大地氏を講師に迎えた「スポーツが持つ力でインクルーシブな街の実現」をテーマにしたフォーラムの開催。
障がい者と企業で働く従業員による農園体験事業である心のバリアを取り除くワークショップの開催。
そしてブラインドサッカー体験型プログラムの開催へとつながる。
100055_02.jpg

ブラインドサッカー体験型プログラム
偏見を取っ払う

ブラインドサッカーはパラリンピックの正式種目の1つ。フィールドプレーヤーは全盲※、ゴールキーパーは弱視者または晴眼者が行う。
そして、以下の3つの特徴がある。
①音が出るボール
転がると音が出る特別なボールを使用。大きさはフットサルと同じ大きさ。音が出ることでボールの位置を把握できる。
②「ボイ(Voy)」
ディフェンスはボールを取りに行くとき、自分の位置を知らせるための「ボイ!」という声を出さないといけない。「ボイ(Voy)」はスペイン語で「行く!」という意味。
③目の見える人の協力
ゴール裏にガイド(案内役)がいて、ピッチの選手にゴールの位置(距離、角度)などを伝える。サイドラインには高さ1mほどのサイドフェンスが設置され、ボールがサイドラインを割らないことや、選手がピッチの大きさや向きを把握することも助ける。

「ブラインド」という言葉があるため、目が不自由な人がするスポーツに捉えられてしまうが、実際は目が不自由な人と目が見える人が支えあい、強みを活かしゴールを目指すスポーツである。
ブラインドサッカー体験型プログラムのゴールは、インクルーシブ社会創造のきっかけにすることと、参加者の心の中にある偏見を取り払うことにある。

2019年7月27日(土)に障がいのある、ないに関係なく参加者を募り、第1回ブラインドサッカー体験型プログラムを開催した。
普段目が見えている人同士が、声だけでコミュニケーションを取ろうと思うと、なかなかうまくいかない。そこで、手を繋ぐ、肩をたたくなどいつもしないコミュニケーションを取りながら少しずつプレーをしていく。
ブラインドサッカーを体験することで、チームワーク力や信頼関係を強くすることができる。また、自分の弱点に気づき頼りになるのは周りの人の思いやりであることに気づく。

※国内ルールでは協議普及のため、目の見える人でもアイマスクを着用することでプレーは可能。


見えない糸を強く
100055_03.jpg

深いコミュニケーションを取ることは、私たちが暮らす社会、地域、会社、組織、チームの人間関係作りには欠かせない。ブラインドサッカーは目にみえない人と人をつなげる信頼関係の糸を強くする。
ブラインドサッカー体験型プログラムの参加者から
「障がいがあると何もできないという思い込みは間違いだった」という声を聞き柏野さんはこう語った。
「障がいは社会の側にあり、ブラインドサッカーはこの偏見を取り除いてくれる。アイマスクをつけるだけで体感することできるので、私たちが体験会を通して感じたことを皆さんにも感じていただきたい。」

ブラインドサッカーを通して偏見が取り払われ、金沢が関係の糸を強くした人たちで溢れ、日本や世界へと糸がつながっていく。そんな気がしてワクワクする。

伊藤さんと柏野さんを交えた会場とのディスカッションはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓