UDiシンポジウム2019「奄美まーぐん広場における福祉×観光×地域のまちづくり」

6/22 UDiシンポジウム2019

「奄美まーぐん広場における 福祉×観光×地域のまちづくり」

奄美大島の「伝泊+まーぐん広場・赤木名」は、宿泊、レストラン、カフェ、高齢者施設や子育て支援スペースなどを含む複合施設です。その発想の根源はドイツの都市・ベーテルにありました。北陸・石川での真に豊かなインクルーシブ社会の実現を目指して語り合うシンポジウムです。


2019年 6月 22日 (土) 14 : 00~16 : 40
会場:石川県政記念 しいのき迎賓館 2階「ガーデンルーム」
住所:金沢市広坂2-1-1  【参加無料】定員70名(先着順)

【第1部】基調講演「まーぐん広場の挑戦」
山下保博 氏 (株)アトリエ・天工人 代表取締役、奄美イノベーション(株)代表取締役

【第2部】トークセッション「インクルーシブ社会のデザイン」
山下保博 氏 × 太下 義之 氏(文化政策研究者) × 荒井 利春(ユニバーサルデザインいしかわ 理事長)

【懇親会】カフェ&ブラッスリー ポール・ボキューズ
会費:5,000円 開始時間:17:00~

主催: 一般社団法人ユニバーサルデザインいしかわ
後援: 石川県(予定)、金沢市

チラシのダウンロードは、こちらをクリック下さい
UDiシンポジウム2019 チラシPDF

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/634138580394258/


申込方法

必要事項(氏名・電話・メールアドレス・所属団体・懇親会の参加有無)をご明記の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。 

  E-mail contact@ud-ishikawa.com
  FAX  076-223-4144

※定員に達した場合は、申込受付を終了させていただきます。その旨は、ホームページ及びFacebookにてお知らせします。


UDiシンポジウム2019 チラシ(表)
UDiシンポジウム2019 チラシ(裏)


登壇者プロフィール

山下さん顔写真

山下 保博 氏

(株)アトリエ・天工人 代表取締役
奄美イノベーション(株) 代表取締役

1960年鹿児島県奄美大島生まれ。芝浦工業大学大学院修了後、1991年に建築設計事務所アトリエ・天工人を設立し、国内外で数多くの建築賞を受賞。奄美の古民家を宿泊施設として再生させ、伝説や伝統を次の時代に伝える「伝泊(でんぱく)」を開始。2018年地域包括コミュニティ施設「伝泊+まーぐん広場・赤木名」をオープン。伝泊として奄美群島内に18施設の運営を手掛けるまでに成長させた。今年5月に新会社「伝泊+工芸」を設立し、アートと宿泊、食を軸とした地域づくりを全国で精力的に続ける。

太下さん顔写真

太下 義之 氏

文化政策研究者

専門は文化政策。博士(芸術学)。独立行政法人国立美術館理事、公益社団法人日展理事、公益財団法人静岡県舞台芸術センター評議員。文化経済学会<日本>理事、文化政策学会理事、デジタルアーカイブ学会評議員、政策分析ネットワーク共同副代表。東京都芸術文化評議会委員、2025年大阪万博アカデミック・アンバサダー、オリンピック・パラリンピック文化プログラム静岡県推進委員会副委員長、鶴岡市食文化創造都市アドバイザー。

荒井さん顔写真

荒井 利春

(一社)ユニバーサルデザインいしかわ 理事長
金沢美術工芸大学 名誉教授

Arai UD Workshop 荒井利春実験工房 主宰。1980年代より体の機能に障がいのあるセンシティブなユーザーと日用品や家具、住宅設備などのデザインプロジェクトを持続し、グッドデザイン賞など多数受賞。また、医師や看護師、患者が参加する病院のデザインコーディネーションや公共建築のユーザー参加型デザインを進める。2004年から国際ユニヴァーサルデザイン協議会のユーザー参加型デザインワークショップも監修。


■お問い合わせ先

一般社団法人ユニバーサルデザインいしかわ事務局
(株)計画情報研究所 内  担当:中村、安江 076-223-5445